キリスト者奉仕会では、「障がい」のある人もない人も共に地域社会で平等に生きていける社会づくりに取り組んでおります。

ホーム 〉障害者就労・自立支援センター「たんぽぽ」

障害者就労・自立支援センター たんぽぽ

電話番号:

住 所:

メール:

種 別:

設立年月日:

定 員:

 

 

平均工賃:

就職実績:

0944-51-8807(FAX 0944-51-8806)

〒836-0816 大牟田市八本町100-9

tanpopo@sea.ariakenet.com

障害福祉サービス事業(多機能事業所)

2007年1月1日

就労継続支援A型 10名

就労継続支援B型 20名

就労移行支援   10名

就労移行支援B型の平均工賃41,000円 ※ 2017年度目標

76人(職場定着率72%)※ 2016年4月時点

運営方針

私達は、全ての人が、1人の人間としてお互いに対等に生きていける社会の実現の為、障がいのある方々の自立と社会経済活動への参加を促進し、必要なサービスを適切に行います。

 

(1)就労の場として

働きたいと希望する障がいのある方々が働く機会を得て、誇りを持って働ける場であること、さらに、地域社会であたり前に生活が出来るように賃金(工賃)保証していくことを目指します。また、働く者としての働く喜びや自己実現につながっていくことを目指します。

 

(2)一般就労移行支援

一般就労を希望する障がいのある方々に対して、ハローワーク並びに関係機関と連携しながら職業準備訓練・企業内作業・職場実習等を実施し、一般就労を目指します。

 

(3)自立支援の視点

「自分の意思で自分らしく生活していくこと(自立)」を支援していきます。地域での生活を希望する障がいのある方々には、地域生活移行に向けた取り組みを行い、地域生活の実現を目指します。

 

(4)エンパワメントの視点

管理・教育的視点ではなく、その人が本来持っているすばらしさや力に自ら気付き、自分らしさを取り戻していけるよう支援していきます。

 

(5)地域の方々とのつながりを大切にすること

お年寄りの方々、障がいのある方々をはじめ、誰もが安心して暮らしていける地域社会を目指して、地域の方々と協力・連携しながら取り組んでいきます。

事業内容

(1)就労継続支援A型(10名)障害者就労・自立支援センターたんぽぽの弁当製造

障がいのある方々と雇用契約に基づき、就労の場を提供。(福岡県の最低賃金以上の保障)

作業内容

弁当・レストラン事業(そよかぜ)、学食事業、病院職員食堂事業、委託事業等

 

(2)就労継続支援B型(20名)

障がいのある方々の働く場です。工賃は最低賃金の1/2以上を目指しています。

(平均工賃41,000円 ※ 2017年度目標)

作業内容

弁当・レストラン事業(そよかぜ)、学食事業、病院職員食堂事業、事務作業等

 

(3)就労移行支援(10名)障害者就労・自立支援センターたんぽぽの就労訓練

企業等への就労を希望する障がいのある方々へ、ハローワーク並びに関係機関と連携しながら職業準備訓練、職場実習、求職活動、就労後の定着までの支援を行います。

(期限2年:市町村審査会の個別審査を経て、あと1年延長の可能性あり。)

利用方法

相談・申請類の提出

・利用者は市区町村の障害福祉担当窓口や相談支援事業者に相談します。

・サービスの利用を希望する場合は、市区町村の障害福祉担当窓口に申請します。

 

訓練等給付の場合

(就労継続A型・B型、就労移行 等)

 

② 支援決定

・障害支援区分、社会活動や介護者、居住等の状況及びサービス利用意向等を勘案して、サービスの支給と利用者負担額を決定し、申請者に受給者証を交付します。

 

③ サービス等利用計画の作成

・決定した内容に基づき、指定特定相談支援事業者はサービス等利用計画を作成します。申請者自身による作成も可能です。

 

④ サービス利用開始

・申請者は、サービス提供事業所と契約を結び、サービスの利用を開始します。

・サービスの量や内容等については、利用開始後も一定期間ごとに確認を行い、必要に応じて見直しを行います。

 

① サービス利用意向の聴取、サービス等利用計画案の提出

・市区町村から計画案の提出が求められている場合は提出します。

・サービス等利用計画案は指定特定相談支援事業者が作成しますが、申請者自身による作成も可能です。

※その他、詳しい内容は市区町村の担当窓口にお問い合わせいただくか、当法人までご相談ください。

行事紹介

職場親睦旅行(就労継続支援A型・B型)

就労継続支援A型とB型で働く利用者、並びに職員で年に1回旅行に出かけています。計画にあたっては利用者も委員として参加し、委員会の中で行先や宴会のプログラムを考えています。この旅行で仲間意識は強まり、交流が一層深まります。毎回どんちゃん騒ぎの楽しいイベントです。

 

企業見学(就労移行支援)

障がい者を多数雇用している企業を年に1回訪問しています。見学を行い、企業人事担当者と働く障がい当事者の声を直接聞くことにより、意欲向上を図ります。

 

レクリエーション

各事業別にレクリエーションを行っています。就労移行支援では「協調性」「主体性」「責任感」などを身につけるために、就労継続支援A型・B型では職場での「仲間意識」を育むために毎回内容を検討しています。これまで日帰り旅行、スポーツ大会、料理教室などの企画を開催し、楽しんできました。

 

たんぽぽ夏まつりたんぽぽ夏まつり

毎年7月に夏祭りを開催しています。法人の関係者をはじめ、地域のお年寄りから子どもまで、200名以上が集まる平原校区の一大イベントです。当日は生ビールや焼き鳥などの出店コーナー、バンド演奏やカラオケ大会などの催しを会場の各所で開催しています。

 

もちつき会たんぽぽ餅つき

毎年12月に開催するもちつき会で1年を締めくくります。最近ではすっかり地域に根付いた恒例行事となり、地域のお年寄りから子どもまで多数ボランティアとして参加いただいています。一緒に餅をついたり、丸めたり、楽しい交流のひと時を過ごしています。

ページトップへ戻る

葉・つる

Copyright© KIRISUTOSHA HOUSHIKAI All rights reserved.